会社を辞める前に知るべき【給付金】の解説記事 → CLICK!

退職を伝えるベストなタイミングとは?

こんにちは。仕事ストレスが辛すぎて、心療内科を受診し「中度の適応障害」と診断を受け休職中のねこまるです(2021.6現在)

HSPは「真面目」「穏やか」「人の悪口は苦手」「マルチタスクは苦手」といった特徴があり、会社で生きづらい気質であると考えています。

そんなHSPの人は、仕事のストレスで鬱病などのメンタル疾患になりやすいですし、私もその一人です。仕事に辛い状況を大きく変える手段の一つは退職することです。

ですが、HSPさんは会社への迷惑を考えてしまったり、退職のタイミングを悩んでしまう人が多いように思います。そこで、退職を伝えるベストなタイミングとはいつか?についてまとめました。

目次

結論:HSPさんへ|退職を伝えるベストなタイミングとは?

退職を伝えるタイミングは自由でいい。大事なことは、退職日までの期間があること(最低1か月、理想は2か月)

退職宣言は急であることは避けられない

退職宣言を急でなくするには、例えば、徐々に遅刻や早退を増やして、心身不調示していく。やる気をなくしていく。

こんなことがあれば、確かに退職宣言の前に、何となく匂わせることができますね🙆‍♀️

って、、、本当に病気でそうなってしまう場合は仕方がないですが、積極的にやることではないですよね?

そう、真面目に仕事をしているからこそ、急に辞めることになる。むしろ、急であることは、とてもまっとうです。

ただ、仕事の引き付けの期間は必要ですので、退職日までの期間(最低1か月、理想は2か月)を設けておくとよいですね。

退職宣言が今である必然性を設ける

仕事はいつだって忙しいですよね。部署によっては、年度末が忙しい、など波があるかもしれません。

ですが、仕事の波が引くのを待っていたら、先にあなたの心がつぶれてしまう恐れがあります。

なので、自分の体調と相談して時期を決めましょう。ただし、繁忙期に辞める何て言われたら、上司はなんで今、と思うでしょう。

そこで、第三者による、退職の妥当性を示すとよいです。すなわち、医師の診察結果を辞める理由説明に使うのです。

世の中ではまだ、うつや適応障害についての理解は浅く、気の持ちようだと思っている人も少なくありません。

しかし、第三者の、医師という権威のある判断が加わることで、上司はそれ以上口出しすることが難しくなります。

まとめ:HSPさんへ|退職を伝えるベストなタイミングとは?

退職を伝えるタイミングは自由でいい。大事なことは、退職日までの期間があること(最低1か月、理想は2か月)

仕事って、辛いですね😣皆さん、いつもお仕事お疲れ様です😭

合わせて読みたい

メンタルを病んでしまった人は、給付金について今のうちに知っておいてほしいです。

会社を辞める前に知るべき給付金の話-日本人の47%しか知らない制度-

よかったらシェアしてね!

著者

こんにちは、ねこまるです。
強度HSPで、2021年6月に適応障害になり休職中です。10年以上、化学メーカーでサラリーマンをしてきた経験を活かして、仕事が辛いHSPさんの悩みを解決する記事を書いています。ブログのコンセプトは「精神論やきれいごとで状況は変わらない。具体的に行動に移せる解決法を提案する」こと。

皆さんの人生のつらさを減らせるように、心を込めて記事を書いていきます。

本ブログの引用に許可はいりません。ただしこのページにリンクを張っていただきますようお願いします。

目次
閉じる