会社を辞める前に知るべき【給付金】の解説記事 → CLICK!

HSPにおすすめアルバイト3選-アルバイトをしたい人への注意点も-

HSPさんにおすすめのアルバイト

繊細すぎて働きづらいー。
HSPの私にはどんなアルバイトがいいんだろう?

こんな悩みを解決します。

この記事を読むと、こんなことが分かります。

  • HSPさんに向いているアルバイトの選び方
  • HSPさんにおすすめのアルバイト
  • アルバイトをしたいHSPさんへの注意点

アルバイトは選択の自由度が高いので、きちんとHSPの気質に合ったものを選びましょう。

目次

HSPさんに向いているアルバイトの選び方

HSPとは「Highly Sensitive Person」の略語で「感受性が強く敏感な気質の人」という意味を持ち、生まれながらの先天的な気質といわれています。HSPの人は例えば以下のような特徴があります。

  • 外部からの刺激に敏感
  • 物事を深く考える
  • マルチタスクが苦手
  • 周りの人の機嫌が悪いと気疲れする

これら気質を踏まえた仕事選びをしましょう。では解説していきます。

人との関わりが少ない

人との摩擦が少ないことが一番大切です。

基本的にHSPさんにとってのストレスの大半が、人との摩擦によるものです。

自分のペースで働ける

特に、複数のことを短い時間にやらなければならない仕事は避けましょう(居酒屋など)。

自分のペースで働けないと、自分の実力を発揮できないばかりか、心に過負荷がかかってしまいます。

期間限定である

長い期間働く場所であると、職場での人間関係に悩まされる可能性が高まります。

理想的には、単発のものが良いでしょう。

HSPさんにおすすめのアルバイト

おすすめするアルバイトを3つご紹介します。

フードデリバリー

私としては一番おすすめしたいです。理由は下記の通りです。

  • 運動になる
  • 自分の予定に合わせて働ける
  • 人との接点が少ない

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なりますが、平均して時給1,200~1,500円で働くことができます。

フードデリバリーの何がいいって、運動して稼げるということです。

HSPさんは元気がなかったり、仕事がつらくてしょうがない人が多いと思います。元気がないときになにがおすすめか、それは運動です。でも、運動ってなかなか続かないですよね。そんな時はフードデリバリーです。

運動でストレス解消して元気になって、さらにお金ももらえたら最高じゃないですか?

フードデリバリーに登録するなら、Uber Eats(ウーバーイーツ)が案件も多いですしおすすめです。
(厳密には、配達パートナーは個人事業主という位置づけです)

申し込みはこちらから↓
Uber Eats 配達パートナープログラム

治験モニター・トクホモニター

治験!!!?
危なすぎでしょ!

そう思う人も多いですよね。でも、リスクの高い治験ばかりではないんです。

化学メーカーに10年以上務めてきた私から見て、確かに薬はリスクがあります。ですが、健康食品や化粧品といった業界の商品のリスクは限りなく0に近いです。(もちろん、今我々が食べたりつけたりしている商品だってリスクは0ではありません。)

というのも、食品や化粧品では事前の検査項目が多く、使用可能な物質が限られているんです。そのため、新規のリスクのある物質を使うこと自体ができないんです。

ということで、健康食品あるいは化粧品のモニターをおすすめします。金額は記載してはならないようなので書けませんが、それなりの収入にはなります。

興味のある方は登録して中身をみてみてください。

株式会社JCVNサポート↓

治験無料登録はこちらから

トクホの無料モニター

【エル・スマイル ボランティア会】

家事代行

最近市場が拡大してきている「家事代行」です。

メリットは下記になります。

  • 短時間から働くことが可能(週1~、数時間~)
  • 家事が主な仕事である
  • 人との接点が少ない

また、家事で力仕事を求められるケースなど、男性スタッフにも需要があります。

家事代行サービスは「Casy」が1477円~と高時給に設定しているのでおすすめです。

Casyの登録はこちら↓

ちょっとした空き時間を有効活用。時給1477円からの家事代行のお仕事。

アルバイトをしたいHSPさんへの注意点

なんかおすすめしているアルバイトってずっと続ける感じじゃないな

そう感じた方も多いかと思います。ここからは自論を書かせていただきます。(気分を害された方は申し訳ありません)

アルバイトは、10年、20年と長期にわたってやっていく仕事ではないと考えています。理由は下記の通りです。

  • スキルが上がりにくい
  • 給料が上がらない
  • 労働時間が強制的に短くなるリスクがある

とはいっても、いろいろな事情で正社員で働けない人もいると思います。

そうした人におすすめの働き方、そして、HSPさんにおすすめする副業を下記の記事で紹介しています。

まとめ:HSPにおすすめアルバイト3選

おすすめのアルバイトを紹介してきました。

  • フードデリバリー 
  • 治験モニター・トクホモニター
  • 家事代行

興味があれば、こちらに登録してみてください。

繰り返しますが、アルバイトは長期でやるものではありません。短期的に稼ぐためにやるのは良いことだと思いますが、将来を見据えるのであれば、下記でおすすめする副業にチャレンジしてみてください。

お得に生活するために、私が使っているサービスをまとめました。カードや銀行、電気ガスなど、どれを選んだらいいか悩んでしまう人に向けて書いています。

よかったらシェアしてね!

著者

こんにちは、ねこまるです。
強度HSPで、2021年6月に適応障害になり休職中です。10年以上、化学メーカーでサラリーマンをしてきた経験を活かして、仕事が辛いHSPさんの悩みを解決する記事を書いています。ブログのコンセプトは「精神論やきれいごとで状況は変わらない。具体的に行動に移せる解決法を提案する」こと。

皆さんの人生のつらさを減らせるように、心を込めて記事を書いていきます。

本ブログの引用に許可はいりません。ただしこのページにリンクを張っていただきますようお願いします。

目次
閉じる