会社を辞める前に知るべき【給付金】の解説記事 → CLICK!

退職代行は怪しい会社が多い・ネットは会社に忖度している情報ばかり|本音で解説します!

退職代行にお願いしたいけど、どこを選べばいいかわからない。
ネット情報は、どれも良いことばかりで何だか不安。

こんな悩みを解決します。

この記事を読むと、こんなことがわかります。

  • なぜネット情報が退職代行会社に忖度(そんたく)するのか
  • どうやって退職代行会社を選んだらよいか
  • どの退職代行を選んだらよいか

退職代行会社についてネット情報を探して違和感は感じませんでしたか?

ネットの情報は、退職代行会社に忖度(そんたく)した良い情報ばかり書かれているんです。

退職成功率100%とよく見かけると思いますが、トラブルなし100%ではありません

きちんと、トラブルのリスクが低い退職代行を選びましょう。

退職代行について客観的に判断できる情報を集めたので、活用してください。

合わせて読みたい

退職代行を利用する前に知っておいてほしい「日本の給付金」について解説しています。

「傷病手当金」について知らない場合は、一度よんでおいてください。

会社を辞める前に知るべき給付金の話-日本人の47%しか知らない制度-

目次

【結論】おすすめできる退職代行

先に結論として、今回の調査結果から、おすすめできる退職代行会社を紹介します。

代行業者おすすめ度運営元/実施者料金信頼性実績顧客視点
退職代行ガーディアンおすすめNo.1労働組合29,800円法適合の合同労働組合が運営設立22年の実績過剰な表現は使っていない

グレーゾーンを攻めがちな退職代行業者において、運営元をはじめ高い信頼性を持っています。

\LINE相談までは無料です/

まだ申し込まないでください。
きちんと記事を読み、会社の信頼性を判断できる力を身に着けてから、申し込むようにしてください。

なぜネットの情報が退職代行会社に忖度(そんたく)するのか

退職代行会社への忖度

ネット情報が退職代行に忖度(そんたく)する理由は「記事を書いた人の広告収入が増えるから」なんです。

細かく説明しませんが、退職代行会社を紹介すると、会社は記事に対していくつかの返礼をする仕組みになっています。

当然、批判する内容を書いたら返礼はもらえません

こうした仕組みのせいで、ネットでは退職代行会社のいい面だけが書かれやすいんです。

私は甘ちゃんなのかもしれませんが、自分の子供に説明できない仕事はしない、と決めています。なので、返礼は惜しいですが本音で書くことにこだわっています。

退職代行は、最近になって広く利用されてきました。

新しいサービスなのですから、トラブルがないわけがありません

特に退職代行は、どの会社に依頼するかが重要なポイントです。

本記事でトラブルを避けるための知識を身に着け、自分の身を守りましょう。

退職代行会社の一覧

退職代行でメジャーな会社を抜粋していますが、それでも17社あります。

これらの退職代行会社から、失敗しない選び方を解説していきます。

ねこまる

ここでは、退職代行はたくさんあるんだー、くらいの理解でOKです。

代行業者運営元料金
ニコイチ民間業者27,000円
退職代行コンシェルジュ民間業者33,000円
辞めるんです民間業者27,000円
退職代行EXIT民間業者50,000円
退職代行プラスサービス民間業者21,780円
ネルサポ民間業者20,000円
退職代行J-NEXT民間業者20,000円
退職代行アルマジロ民間業者29,800円
Re:Start民間業者25,000円
男の退職代行 労働組合 26,800円
女性の退職代行労働組合29,800円
ジョブセル労働組合25,000円
退職代行Jobs労働組合(連携)29,000円
退職代行ガーディアン 労働組合29,800円
退職のススメ労働組合25,000円
退職110番弁護士法人43,800円+オプション
弁護士法人みやび弁護士法人50,000円+オプション

退職代行の選び方

選び方

退職代行会社を選ぶ基準は、下記の通りです。

  • 運営元
  • 設立年度
  • 信頼性
  • 会社の風土
  • 評判

なぜ、これらの基準が大事なのか説明します。

退職代行の選び方:運営元

退職代行には3種類あり、できるサービスと料金が違います。

結論としては労働組合の退職代行を強く推奨します。

民間業者の
退職代行
労働組合の
退職代行
弁護士の
退職代行
会社への代行連絡
退職手続サポート
会社との交渉×
裁判での代理人××
料金相場1~5万円3万円5万円+オプション
おすすめ度トラブルリスク高バランス良い安心したい人向け

ここで見るべきポイントは、下記3点。

  • 会社との交渉
  • 裁判での代理人
  • 料金

会社との交渉

会社と交渉って?

ねこまる

下記に示す、よく起きうる交渉なんです。

  • 退職時期の交渉
  • 有給消化の交渉
  • 退職代行の拒否

退職代行の3種類のうち、民間業者は交渉する権利を持っていません。

会社から交渉された場合、代行業者は対応できずあなたが会社とやり取りする必要があります。。

会社との接触を回避するために、民間業者はおすすめしていません

ねこまる

トラブルを避けるのであれば「労働組合」か「弁護士」どちらかがよいですね。

裁判での代理人

裁判の代理人になれるのは「弁護士法人」だけです。

ですが、裁判沙汰になることは、ほぼありません。(普通の社会人は縁のないことだと思った方がいいです)

万が一の時は、そのとき弁護士さんに相談すればよいです。

料金

弁護士法人は費用がとても高いデメリットがあります。

ちなみに、弁護士の退職代行に依頼するなら、実績あり・費用が明瞭なこちらがおすすめ。
弁護士法人みやび

弁護士法人みやびは、基本料金5万5千円ですが、オプション費用「回収額の20%」と高いです。

例えば、有給20日+退職金100万でた場合

5万5千円+(1万円×20日+100万円)×20%で約30万円抜かれてしまいます。

労働組合の退職代行は、有給消化等の交渉ができ、料金も3万円前後(追加料金なし)です。

ねこまる

安心のために弁護士にお願いするのもよいですが、安心代としてはちょっと高すぎる印象です。

以上のことから「労働組合の退職代行」を強く推奨します。

退職代行の選び方:設立年度・実績

設立からの期間が浅いと「退職事例が少ない・会社としての信頼性が低い」可能性があります。

退職代行を対応した数が多ければ多いほど、対処できるトラブルの数も多くなるんです。

多くの案件を経験していくことで、いろんな事案にも適切に対処できる信頼性のある会社へと成長します。

また、詐欺の会社のやり口は、会社をつくって荒稼ぎしてバレる前に会社を潰すことを繰り返しています。

つまり、多くの詐欺業者は設立からの期間が短いのです。

設立から期間が長い会社の方がリスクが低いです。

ねこまる

退職代行の価値は「トラブルの回避・対応」にあるので信頼性は大切です。

退職代行の選び方: 信頼性

信頼性は、信頼のある会社・メディアとの提携があるかによって確認します。

もしも、会社が不祥事を起こしたら、提携先の会社の印象も悪くなってしまいますよね?

すでに信頼を獲得している会社は、提携先は問題のない会社なのか審査をしています。

退職代行の選び方:会社の風土

お客さんを大事にする風土があるかを見ていきます。

判断する指標としては、ホームページの掲載内容です。

ビジネスを優先して誤った認識に導く表現がないか、お客さんの心情によりそう表現が書いてあるかを確認します。

会社の風土って意外と重要なんです。

新入社員は、会社で育った人から教育を受けます。

そのため、会社の風土(お客さんを大事にするべきor契約が何より最優先)が、社員を決めていくんです。

退職代行の選び方: 評判

いわゆる、口コミです。

ただ、口コミをよそおった宣伝(ステマ)が混ざっていることも多いので、注意が必要です。

また、会社のHPに載っている口コミは良いことしか書いてありません。

今回は、比較的本音で書かれやすい「twitter」「5チャンネル」の情報の中で、ステマとみられる記載を除いて調査しました。

退職代行会社のランキング

退職代行会社を選ぶ基準に従って、各社に〇×評価を付けました。

※民間業者の退職代行は、会社と交渉できずトラブルのリスクが高いため除外しています。

結論としては、労働組合運営の【 退職代行ガーディアン 】をおすすめします。

\LINE相談までは無料で出来ます/

代行業者おすすめ度運営元/実施者料金信頼性設立年度実績会社の風土評判
退職代行ガーディアンおすすめNo.1労働組合29,800円法適合の合同労働組合が運営1999年設立22年の実績過剰な表現は使っていない悪い口コミなし
退職のススメ おすすめNo.2 労働組合 25,000円 スタッフ顔出し、労働組合詳細不明2013年10,000件以上の実績アフターフォローも充実悪い口コミなし
弁護士法人みやび 弁護士法人ならおすすめ 弁護士法人 55,000円+回収額の20%弁護士顔出し2009年弁護士法人料金が明瞭悪い口コミなし
退職代行Jobs おすすめしない 労働組合(連携) 29,000円 弁護士が氏名公開
労働組合実態あり
2021年設立後の期間は短い顧客のメンタルを大事にしている対応悪い口コミあり(1件)
男の退職代行おすすめしない 労働組合 26,800円労働組合の実態不明不明運営会社は退職代行の経験なしアフターフォローも充実口コミなし
わたしNEXT おすすめしない労働組合29,800円 労働組合の実態不明不明 運営会社は退職代行の経験なし アフターフォローも充実口コミなし
ジョブセルおすすめしない労働組合25,000円 労働組合の実態不明2021年 運営会社は退職代行の経験なし 特別な配慮は見当たらない口コミなし
SARABA おすすめしない 労働組合 24,000円労働組合がグレー2019年15,000件以上ビジネス優先悪い口コミ多い
退職110番おすすめしない弁護士法人43,800円+オプション弁護士顔出し不明弁護士法人料金が不明瞭悪い口コミなし
ねこまる

ここからは、会社ごとに解説していきます。

おすすめできる退職代行会社:3社

おすすめの3社は下記の通り。

おすすめNo.1 退職代行ガーディアン

参照元:退職代行ガーディアンHP

会社のHPトップは運営元である「労働組合法人」をアピールし、信頼性を推していますね。

退職代行ガーディアンの運営会社

運営会社である「東京労働経済組合」は、設立1999年です。

退職代行サービスは業態として新しいので、ここ1,2年で立ち上げた会社がほとんどなんです。

設立1999年という歴史は、とても高い信頼性につながります。

退職代行ガーディアンのメディア掲載

大手メディアの「朝日新聞」「財経新聞」に載っている点も信頼できますね。

その他のメディアは小さいので、たくさん紹介されている印象付けのために載せているのでしょう。

参照元:退職代行ガーディアンHP

退職代行ガーディアンの口コミ

退職代行の利用を公表する人が少ないので、ステマっぽくないツイートを探すのは大変でした。

下記ツイートでは、丁寧に対応してくれたとの記載ありですね。

誹謗中傷が多く書かれる「5ちゃんねる」では、退職代行ガーディアンについて記載はありませんでした。

トラブルがかなり少ないことが、うかがえます。

退職代行ガーディアンの料金

料金は一律29,800円(追加料金なし)。

ほかの労働組合の中で、料金は高めの設定(25,000-30,000円)にしている点からも質で勝負していることがうかがえます。

業態として新しい退職代行サービスにおいて、【退職代行ガーディアン】は高い信頼性を持っており一番おすすめです。

\LINE相談までは無料でできます/

備考

退職代行ガーディアンのデメリットとしてよく指摘されるのは、転職サービスがついていない点です。

ですが、退職代行と提携している転職サービスの利用はおすすめしていません。

どこも提携している転職サービスは中小の会社です。

基本的に、転職サービスは大手(リクルート、DODA、マイナビなど)への登録をおすすめします。

なぜなら、中小に比べ、大手の方がスタッフの質・求人の多さと質が良いからです。

\LINE相談までは無料で出来ます/

おすすめNo.2 退職のススメ

退職のススメ
参照元:退職のススメHP

設立が2013年で昔からやっているということで、実績を推していますね。

退職のススメ:運営会社

株式会社ワークナビ.comという、人材派遣会社が運営しています。

退職代行の多くは、他業種からの新規参入が多いためノウハウが少ない会社が多いです。

ですが【退職のススメ】は、人材派遣で培った経験などを活かせる点でサービスの質に期待できます。

一点いまいちなのは、労働組合の詳細が不明瞭という点です。

会社独自で労働組合を結成しており、会社と交渉が可能との記載があるので問題はないとは思います。

が、詳細を掲載していないため、信頼性が減点です。

一方で、ベストベンチャー100にも選ばれている点はメリットです。

ベストベンチャー100とは

まず企業が「ビジョン」「成長理由」「売上高」「営業利益」などの審査項目を記入してエントリ―。一定条件を満たした企業を審査委員が直接面談により審査。審査の結果、掲載企業が決定。

引用元:ベストベンチャー100について | ベストベンチャー100 (v-tsushin.jp)

評価の高い会社ということは、「社員の質が高い」ため、担当者のはずれを引きにくいメリットがあります。

さらに、会社HPにスタッフ顔出しをしています。

何かトラブルがあれば、確実に叩かれてしまいますので、変な対応はできません。

また、サービスの質が高い人をHPに載せますので、HPに出ているスタッフを指名することをおすすめします。

参照元:退職のススメHP

退職のススメ:メディア掲載

大手メディアの「中日新聞社」「東京新聞」に載っています。

また、TVへの出演や、メディアの掲載内容を載せている点は特に信頼性が高いです。

退職のススメ】のメディア掲載状況は競合と比較しても多いです。

メディア掲載
参照元:退職のススメHP

退職のススメ:口コミ

Twitterで、ステマを除いたツイートを載せています。

人におすすめをしているということで、良い印象を持たれていることがわかります。

誹謗中傷が多く書かれる「5ちゃんねる」では 【退職のススメ】 について記載はありませんでした。

会社HPのつくりからして、ネガティブな意見を出されると売り上げへの影響が大きいと予想されます。

そういった背景も含め、会社としても丁寧な対応を心掛けているとみられます。

退職のススメ:料金

料金は25,000円ということで、労働組合の中では比較的安価です。

また、転職サポートを併用して受けると全額キャッシュバックになります。

個人的な意見としては、転職サービスは大手(リクルート、DODA、マイナビなど)への登録をおすすめしますが、
出費を抑えたい人は利用してもよいでしょう。

参照元:退職のススメHP

\LINE相談までは無料で出来ます/

弁護士ならおすすめ:弁護士法人みやび

参照元:弁護士法人みやびHP
参照元:弁護士法人みやびHP

弁護士法人ということで、退職代行用のHPと、その他の業務用のHPを使い分けているようです。

退職代行用のHPはポップなイメージですね。(そんなテンションにはなれませんけど)

弁護士法人みやび:運営会社

弁護士法人ということで、退職代行だけでなく企業法務全般など多岐にわたる業務があります。

最難関の弁護士資格を持っているので、どなたが担当になっても最低限の質は保証されるでしょう。

弁護士法人みやび:口コミ

ネガティブな口コミはなく、おすすめしているツイートがありました。

弁護士法人みやび:料金

基本料金は5万5千円ですが、オプション費用が回収額の20%と高いです。

例えば、有給20日+退職金100万でた場合

5万5千円+(1万円×20日+100万円)×20%で約30万円抜かれてしまいます。

退職時に会社と揉める確率は低いです。

労働組合でも有給消化等の交渉はできます。

代わりの手段があるのに、安心代として弁護士さんに高額を払うにはちょっとやりすぎかなと思います。

料金

\LINE相談までは無料で出来ます/

ここまでのまとめ
・労働組合運営の【 退職代行ガーディアン 】がおすすめ。
・料金は高くなるが弁護士を希望するなら【弁護士法人みやび】がおすすめ。

\LINE相談までは無料で出来ます/

\LINE相談までは無料で出来ます/

職代行ガーディアンと、弁護士法人で迷う人がいれば、こちらの記事を参考にしてください。
退職代行ガーディアンと弁護士法人みやび|どちらを選ぶべき?徹底比較しました

おすすめできない退職代行会社

ここからは、おすすめできない退職代行会社について解説します。

もちろん、おすすめできない会社に申しこんで「問題なく退職できた人」はたくさんいると思います。

が、「トラブルのリスクを下げる」という観点で避けた方が無難でしょう。

各社の懸念材料のみ、解説していきます。

民間業者が運営しているのでおすすめできない:民間の退職代行 全部

最大の欠点は会社との交渉ができないことです。

何が困るかというと、会社から交渉事を申し込まれたとき代行業者が対応できない。

あなたが直接会社とやり取りしなければならない、ことです。

日常的に起こりうる交渉のため、下記の会社は避けておいた方が無難でしょう。

代行業者運営元料金
ニコイチ民間業者27,000円
退職代行コンシェルジュ民間業者33,000円
辞めるんです民間業者27,000円
退職代行EXIT民間業者50,000円
退職代行プラスサービス民間業者21,780円
ネルサポ民間業者20,000円
退職代行J-NEXT民間業者20,000円
退職代行アルマジロ民間業者29,800円
Re:Start民間業者25,000円
ねこまる

弁護士監修を推している会社も多いですが、「監修」しているだけです。あなたの退職のために会社に交渉してくれるわけではありませんので、要注意です。

労働組合だけど おすすめできない①退職代行Jobs

参照元:退職JobsのHP

会社HPトップに、監修している弁護士さんが顔出ししています。(弁護士さんは監修だけで代行業務はしません)

退職代行Jobs :弱点① 新しい会社である

運営するのは株式会社アレスという会社で2021年1月設立です。

新しい会社という点はデメリットです。

退職代行業についての実績数が少ないため、トラブルに対するノウハウが少ないと推定されます。

また、社員を教育する期間もないため、サービスの質を高くするのは難しいでしょう。

退職代行Jobs :弱点② 悪い口コミ

Twitterでは、担当者が利用者に対して「暴言」を吐いているLINEがあげられています。

ツイートしている人のアカウントは古く、他のツイートを見ても悪質なステマとは考えにくい状況でした。

もちろん、一つの口コミが会社すべてを示しているわけではありません。

ですが、会社が新しいことを踏まえるとサービスの質がばらついていると推定されます。

労働組合だがおすすめできない②わたしNEXT退職代行・男の退職代行

参照元:私NEXT HP

「わたしNEXT退職代行」と「男の退職代行」は、同じ会社が運営しています。

弱点① 運営会社が退職代行と全く関係がない

株式会社インクルという会社が運営していますが、インターネットのHP制作などを行っています。

運営会社
参照元:株式会社インクルHP

弱点② 退職代行サービスを実施する労働組合の実態がつかめない

【わたしNEXT】のHPを見ると、サービス実施者名が記載されています。

退職代行サービス実施者名

合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」

ですが、「退職代行toNEXTユニオン」の設立年度や活動内容等の情報が全くありません。

「退職代行を業務としていない運営会社」 + 「実態がつかめない労働組合」の組み合わせでは、リスクが高いといわざるを得ません。

労働組合だがおすすめできない③ :ジョブセル

参照元:ジョブセルHP

弱点① 運営会社が退職代行と関係がない

株式会社ハーフ・オブ・イットという会社で、ホームページ制作などを行っています。

退職代行の実績はなく、2021年からサービスを開始しているため経験はとても浅いです。

弱点② 退職代行サービスを実施する労働組合の実態がつかめない

労働組合としてジョブセルユニオンと記載がありますが、設立年度・活動内容について全く出てきません。

「退職代行を業務としていない運営会社」 + 「実態がつかめない労働組合」の組み合わせでは、リスクが高いといわざるを得ません。

労働組合だがおすすめできない④ :退職代行SARABA

退職代行SARABA

かなり宣伝に力を入れているようなので、利用者自体は多いようです。

弱点① 運営会社は退職代行へ新規参入している

運営は株式会社スムリエという、不動産業の会社です。

2019年から退職代行業のための労働組合を新規に立ち上げたということで、経験はまだ浅いといえます。

参照元:株式会社スムリエ HP

弱点② 会社ホームページでのビジネス感が強い

会社のホームページを見てわかるように、退職代行にもかかわらず「うぇいうぇい」したパーティーのような雰囲気が出ています。

会社のホームページは、「会社が大事にしているイメージ」をあらわしたものです。

あまり顧客の心情に目を向けていないのかなというのが、個人的な感想です。

弱点③ネガティブな口コミが多い

【退職代行SARABA】が最も悪い口コミが多かったです。

1名無しさん@引く手あまた2020/02/26(水)
sarabaで有給全消化退職依頼したのに、一日も消化せず退職してて草

その事でLINEでキレたらLINEすら繋がらなくなってオワタ

引用元:(悲報)ワイの退職代行 有給を10日残し退職に成功 (5ch.net)

もちろんどちらのケースも「退職成功」はしていますが、トラブルを回避したいところですね。

弁護士法人だがおすすめできない :退職110番

退職110番
参照元:退職110番

弁護士法人ということで、サービスの質については心配ありません。

弱点 料金が不明瞭

基本費用は43,800円ですが、オプションについての明解な設定がありません。

弁護士という特性上、はっきりした料金を示さないものかもしれません。

ですが申し込む側としては、しり込みしてしまいますね。

参照元:退職110番

【まとめ】おすすめできる退職代行

客観的な情報をもとに退職代行会社について解説してきました。

今回の調査で、おすすめできる代行会社は下記の通りです。

代行業者おすすめ度運営元/実施者料金信頼性設立年度実績会社の風土評判
退職代行ガーディアンおすすめNo.1労働組合29,800円法適合の合同労働組合が運営1999年設立22年の実績過剰な表現は使っていない悪い口コミなし
退職のススメ おすすめNo.2 労働組合 25,000円 スタッフ顔出し、労働組合詳細不明2013年10,000件以上の実績アフターフォローも充実悪い口コミなし
弁護士法人みやび 弁護士法人ならおすすめ 弁護士法人 55,000円+回収額の20%弁護士顔出し2009年弁護士法人料金が明瞭悪い口コミなし

退職代行に依頼したうえでトラブルに巻き込まれてはたまりません。

信頼性の高い会社に依頼しましょう。

LINE相談までは無料なので、業者の感触を確認・問題なくやめられそうか相談してから、利用するか判断することをおすすめします。

もしも、退職代行ガーディアンと、弁護士法人で迷う方がいれば、こちらの記事を参考にしてください。
退職代行ガーディアンと弁護士法人みやび|どちらを選ぶべき?徹底比較しました

合わせて読みたい

退職代行を申請する前に知っておいてほしい給付金について解説しています。

会社を辞める前に知るべき給付金の話-日本人の47%しか知らない制度-

【補足】退職代行の利用時に注意すること

最後に、トラブルなく退職するためにやるべきリストをお伝えします。

退職代行との相談~決行日までありますので、本記事をブックマークをしておくと便利ですよ!

退職代行との契約前

  • LINEのやり取りで、信頼できそうか判断する
  • 担当者が合わないと思ったら、変えてもらうor 別の会社に変える
  • 慎重派の人は、候補2つの会社にLINE相談してから決める
ねこまる

代行会社さんには申し訳ないですが、一期一会なので
合わなそうならサクッと断りましょう。
「やっぱりごめんなさい送信+ブロック」でいいと思います。

退職代行決行日までの相談

  • 不安なことがなくなるまで質問し続ける
  • 会社から親とあなたに連絡がこないようにお願いする
  • トラブルになりそうな点は伝えておく
  • 退職代行の決行時間帯を聞いておく
  • 退職代行の決行日の連絡手段を決めておく(LINE or 電話)
  • 退職代行を使わざるを得なかった理由を、会社に伝えてもらう(と、本人や親に電話が行きにくくなります)

退職代行決行日

一番怖いのは、会社から親に連絡が行ってしまうことです。

下記対応をしておきましょう。

  • 万が一、会社から電話がかかってきたら、電話は切らず放置
  • 電話がかかってきたことを代行業者に即座に連絡
  • 代行業者から会社に連絡を入れてもらう

著者推奨:労働組合運営/

\安心したい!という方向け/

もしも、退職代行ガーディアンと、弁護士法人で迷う方がいれば、こちらの記事を参考にしてください。
退職代行ガーディアンと弁護士法人みやび|どちらを選ぶべき?徹底比較しました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

著者

こんにちは、ねこまるです。
強度HSPで、2021年6月に適応障害になり休職中です。10年以上、化学メーカーでサラリーマンをしてきた経験を活かして、仕事が辛いHSPさんの悩みを解決する記事を書いています。ブログのコンセプトは「精神論やきれいごとで状況は変わらない。具体的に行動に移せる解決法を提案する」こと。

皆さんの人生のつらさを減らせるように、心を込めて記事を書いていきます。

本ブログの引用に許可はいりません。ただしこのページにリンクを張っていただきますようお願いします。

目次
閉じる